醜状痕について

醜状痕、外貌醜状の後遺症について

交通事故の被害者で外見に目立つ傷跡、治療痕が残ってしまったことについてお困りの方、これらの症状で後遺障害の認定を受けたい方は、当事務所の法律相談に申込みをしてください。

 

醜状痕、外貌醜状は後遺障害に該当します

こういった傷跡、治療痕については一般に、醜状痕(しゅうじょうこん)、外貌醜状(がいぼうしゅうじょう)と呼ばれています。

醜状痕については、必ずしも労働能力に影響があるわけではないので、後遺障害に該当しないかのようにいわれる場合もありますが、一定以上の醜状痕については、後遺障害認定を受けることで、後遺障害慰謝料が認められますし、被害者の職業等によっては後遺障害逸失利益についても認められる場合があります。

たとえば、醜状痕のせいで予定していた職業が選択できなくなったり、配置転換をさせられるような場合などには、醜状痕により一定の労働能力を喪失したものとして、逸失利益が認められる可能性が高くなります。

このような場合でなくとも、たとえば醜状痕のために対人関係が苦手となり、間接的に被害者の労働に影響していると認められるような場合には、逸失利益が認められないとしても、慰謝料の増額が認められることがあります。

 

醜状痕の後遺障害の等級は

醜状痕については、男女の区別なく、醜状痕の程度に応じて、以下のような等級の後遺障害に該当することになっております。

 

外貌に著しい醜状を残すものは7級12号

「外貌に著しい醜状を残すもの」とは、次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものです。

  1. 頭部:手のひら大(指の部分を含まない)以上の瘢痕(はんこん)又は頭蓋骨の手のひら大以上の欠損
  2. 顔面:鶏卵大面以上の瘢痕又は10円銅貨大以上の組織陥没
  3. 頚部:手のひら大以上の瘢痕

7級に該当することになれば、後遺障害慰謝料は裁判基準で1000万円程度になります。

 

外貌に相当程度の醜状を残すものは9級16号

「外貌に相当程度の醜状を残すもの」とは、顔面に残った長さ5センチメートル以上の線状痕で、人目につく程度以上のものです。

9級に該当することになれば、後遺障害慰謝料は裁判基準で670万〜690万円程度になります。

 

外貌に醜状を残すものは12級14号

「外貌に醜状を残すもの」とは、次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものです。

  1. 頭部:鶏卵大以上の瘢痕又は鶏卵大面以上の欠損
  2. 顔面:10円銅貨以上の瘢痕又は長さ3センチメートル以上の線状痕
  3. 頚部:鶏卵大面以上の瘢痕

12級に該当することになれば、後遺障害慰謝料は裁判基準で280〜290万円程度になります。

 

上肢または下肢の露出面に手のひら大の醜いあとを残すものは14級の4号または5号

14級に該当することになれば、後遺障害慰謝料は裁判基準で110万円程度になります。

 

醜状痕について後遺障害の認定を受けるためには

醜状痕は医師からも見落とされがちな後遺症ですから、医師にあらかじめ相談し、醜状痕について後遺障害認定が得られるように意識して後遺障害診断書を作成してもらう必要があります。

当事務所が早期に相談、依頼を受けて、これらの点について継続的に助言、サポートすることで、醜状痕について適正な後遺障害認定を受けられる可能性が高まることになりますので、今すぐ当事務所に法律相談の申込みをしてください。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る