高次脳機能障害について

高次脳機能障害の後遺症について

交通事故の被害者が不幸にも高次脳機能障害を負ったことで、後遺障害の認定を受けたい方は、当事務所の法律相談に申込みをしてください。

 

高次脳機能障害の後遺症とは

高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)とは、交通事故などによって脳に損傷を受けた結果、脳が持つさまざまな機能に障害が生じる症状をいいます。

具体的には、感情の抑制力、認識力、集中力、注意力、記憶力、思考力、文章力、意欲にいちじるしい低下がみられたり、被害妄想や幼児退行がみられるなど、さまざまな症状が出ます。

ときには、急にとても怒りっぽくなってしまい、性格が大きく変化してしまい、家族には別人のようになってしまったと感じるような場合もあります。

本人に病気の自覚がない場合も多いです。

 

高次脳機能障害の後遺障害の等級は

このように多様な症状をみせる高次脳機能障害ですが、その症状の程度に応じて、1級1号(別表一)、2級1号(別表一)、3級3号、5級2号、7級4号、9級10号に該当することになります。

後遺障害が残る場合、後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益が被害者の損害として認められるのが通常ですが、1級ともなれば、裁判ではその後遺障害慰謝料だけでも2800〜3000万円近く認められることになりますので(2級なら2400万円近く、3級なら2000万円近く、5級なら1400万円程度、7級なら1000万円程度、9級なら650万円程度の慰謝料となります。)、高次脳機能障害の後遺障害は金額的にもきわめて重要な問題であることが分かってもらえるでしょう。

 

適切な後遺障害認定を受けるために

交通事故の被害者が適切な後遺障害の認定を受けるためには、通院先、通院頻度、治療・検査の内容、さらには後遺障害診断書の内容が重要となってきます。

特に、高次脳機能障害の場合には、事故との関連が分かりにくい症状が多いため、適切な後遺障害認定を受けることが簡単ではなく、早期から、適切な後遺障害認定が得られるように意識して治療、検査を受け、後遺障害診断書を作成してもらう必要があります。

当事務所が早期に相談、依頼を受けて、これらの点について継続的に助言、サポートすることで、高次脳機能障害の後遺症について適正な後遺障害認定を受けられる可能性がぐっと高まることになりますので、今すぐ当事務所に法律相談の申込みをしてください。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る