交通事故裁判の件数がとても増えているのをご存じですか?

上昇を示すグラフの画像

近年、交通事故の件数は年々減少してきているのに、交通事故の裁判は逆に件数が増加しています。なぜでしょうか?

交通事故の件数、特に死亡事故の件数が減少してきているのは、自動車の安全性能、罰則や取り締まりの強化などが原因といわれています。

他方で、交通事故の裁判は、地域性はありますが、全国的に見ても、当事務所がある大阪でも、ここ10年でおよそ2倍程度に増加しているといわれています。特に増えているのは、簡易裁判所での件数です。
これは、弁護士費用特約の有用性が認知されるようになり、損害額が比較的小さな被害事故でも泣き寝入りすることなく裁判を起こせるようになったため、その利用件数が大幅に増加したことが主な原因ですが、ほかには、交通事故に関するインターネットでの情報が増え、一般の方でも容易に交通事故に関する知識が得られるようになったこと、着手金なしで交通事故事件を受任する法律事務所が増加したことなども原因としてあげられると思います。

交通事故被害者の方が保険会社に臆せずに、適正な損害賠償を獲得し、被害を回復するために闘う時代がやってきているのだと思います。

交通事故被害でお悩みの方は、当事務所にご相談ください!

 

ページの上部へ戻る