弁護士費用について

1.後払いの成功報酬制です

報酬

回収額の10%+20万円 (税別)
示談で終了した場合は、回収額の10%+15万円 (税別)
※回収額の50%を上回る場合は、回収額の50%となります。

交通事故被害者の方が依頼をしやすいように、このホームページ経由の方には、相談料無料(平日最大2時間)、当初着手金0円、成功報酬後払い(金額は上のとおり)、とさせていただいております。

依頼前に保険会社から既に賠償額の提示を受けていた場合、解決によって増額した分が上の「回収額」になり、増額がなければ弁護士費用は0円となります。

【注意点】
交通事故裁判を行う場合には、上の報酬とは別に、「裁判着手金」と印紙代等実費について、先にお支払いいただく必要があります。

「裁判着手金」は原則的に以下の表のとおりですが、先に自賠責保険金を回収し、そこからお支払いいただくことをお勧めしております。

14級の後遺障害事案 20万円(税別)
介護を要する重度後遺障害事案 70万円(税別)
その他の後遺障害事案 30〜50万円(税別)※要見積もり
後遺障害非該当事案
(後遺障害認定を求めるものを除く)
10万円(税別)
死亡事故 50万円(税別)

 

2.弁護士費用特約がある場合はこちらの料金となります

弁護士費用特約とは、被害者側の保険会社が、被害者の加害者に対する損害賠償請求に必要な弁護士費用を保険金として支払ってくれる保険の特約です。

被害者側の保険についているこの特約を利用される場合、日弁連リーガル・アクセス・センターの報酬基準(概要は以下のとおりですが、時間制報酬を採用する場合もあります。)にしたがって弁護士費用が発生することになりますが、原則として被害者の自己負担なしでご依頼いただけます。

請求額または回収額 着手金 報酬金
金300万円以下の部分 8% 16%
金300万円を超え、金3000万円以下の部分 5% 10%
金3000万円を超え、金3億円以下の部分 3% 6%
金3億円を超える部分 2% 4%

※最低着手金は10万円(税別)となります。
※いずれも税別となります。

被害者自身が保険の加入者でなくても、被害者が加入者の家族であったり、被害者が保険のついている車に乗っていたケースなど、この特約が使用できる場合がありますので、家族、保険会社、代理店などにご確認ください。

弁護士費用特約を利用しても翌年以降の保険料が上がったり、自動車保険の等級が下がることは通常ありませんので、安心してご利用ください。

ただし、保険会社、代理店に確認してください。

弁護士費用特約には、保険会社との契約によって弁護士費用保険金の支払額の上限が定められておりますので(弁護士費用300万円まで、というのが一般的です。)、契約書類、保険会社、代理店などにご確認ください。

なお、この上限を超えて弁護士費用について被害者の自己負担が発生するのは、多額の賠償金が発生するような事案であり、被害者の方にも事前にご案内、ご相談の上で報酬を決定させていただいております。

 

3.法律相談の相談料について

交通事故被害者の方は、土日祝日を除き、初回(最大2時間)の相談が無料ですので、安心してご相談ください。

なお、遠方への出張相談となる場合には、交通費・移動時間を含めた法律相談費用がかかる場合があります。

土日祝の相談料は、30分以内5000円(税別)で、30分を超えるごとに5000円(税別)が加算されますが、当事務所が正式に事件を受任することとなった場合には、法律相談料のお支払いが不要となり、既にお支払いの法律相談料がある場合は、後の裁判着手金や報酬から減額させていただきますので、結果的に法律相談料は実質0円になります。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る